Omiseがタイの携帯電話会社Dtacからオンライン決済会社Paysbuyを買収

新しい企業が大きな企業から子会社を買収するなんてことは滅多にありませんが、それが今週タイで起こりました。

昨日のICOトークンセールからの2500万ドルの資金調達により、アジアのフィンテックスタートアップOmiseはタイのモバイル通信大手Dtac傘下のPaysbuyを買収し、決済事業を更に拡大させました。

ペイメントゲートウェイや、タイ・ミャンマー両国の消費者と企業で使用されたデジタルウォレットを含むPaysbuyの資産やサービスはOmiseが引き継ぎます。Omiseはタイを本拠地としており、以前にもベンチャーキャピタルから2000万ドル以上の資金調達をしていました。インドネシアと日本でもサービスを提供しており、他のアジア諸国への進出を狙う一方で、Omise Goと名付けられた分散型決済ネットワークの開発を目論んでいます。

Dtacはヨーロッパの通信サービス大手Telenorの傘下で、2008年に Paysbuyを契約内容非公開で買収しました。スタートアップが買収されるのは当時のタイでは初めてのことでした。(注記:Paysbuyの2人の創設者のうちの1人、Aung Kyaw Moe氏は2C2Pという新しい決済サービスをDtacとの契約の後に始めました。Omiseのライバルである2C2Pは出資者から1000万ドル以上を調達し、Facebookとも連携しました。)

これはDtacによる興味深いオフロードです。しかしPaysbuyの買収から約10年経ち、決済サービス会社を所有もしくは運営しているよりも、業界の中でもレベルの高い決済サービス分野に位置する企業と仕事をした方が利益になるとプロバイダは気付き始めました。声明の中でDtacの戦略・デジタル最高責任者のAndrew Kvalseth氏は、合併した企業はプロバイダに利益をもたらし続けると述べていました。

この契約はタイでのOmiseの市場シェア拡大を促進させる一方で、OmiseはPaysbuyのデジタルウォレットをOmise Goのサービス開発に使用すると発表しています。現在銀行が行なっている金融システムを過去のものにするべく発案された分散型決済サービスで、今週のICOによる恩恵は、Omise Goの開発に融資されます。