タイで発生したゴム手袋工場火災のその後

トランのSiripat Patkul知事は、火曜に発生した国内大手のゴム手袋製造工場での火災による従業員の失業を懸念し、労働保護と福祉関係者に援助を呼びかけました。

Siripat市長は「工場は業務を中断していますが、再開されても全員が元の仕事に戻れないのではないかと従業員たちは懸念しています」と述べました。

しかし、「工場長は彼らを見捨てるようなことはせず、出来るだけ早く稼働を再開させたいと話しています」と付け加えました。

市長によると、一時閉鎖中にトランの土木技術者と関係者による建物の安全検査が行われるようです。

また、「まだ火がくすぶっている部分が残っているので、火曜以降には完全に消火するべきです。その後、消防隊員が瓦礫や灰を処分し、トラン公衆衛生局とカンタンの医療スタッフが近隣住民や従業員の健康診断を行います。警察は既に目撃者の証言を得ているので、現場で火災の原因を調べるでしょう」とも述べました。

18億バーツの投資資金と2000人近くの従業員を抱えたタイコーン社の工場で起こった火災により、市長は月曜に、カンタンの7つの集落と41の村を災害地域に指定しました。煙や化学粒子が村人や従業員の健康に支障を来たす懸念があるためです。

火災後に数十人が不調を訴えましたが、市長によると、呼吸困難や目眩と診断されたのは10人以下との事です。

しかし、毒素は数日経たないと症状が出ない場合があるため、当局はこれを軽視することは出来ません。カンタン病院の医療スタッフが2週間以上かけて地域の住民の様子を診ると市長は語りました。

また、工場内の倉庫が火災により破壊されたため、損失額は初期見積もりで1億バーツ以上に上ると述べました。しかし、工場の役員と話した結果、実際は1億バーツ以上5億バーツ以下だということがわかりました。