外国人はタイで働くことができるのでしょうか?

相応のビザ、就労許可があり、外国人雇用法に違反していない職業で雇われるのであれば、外国人がタイで働くことは可能です。

あなたが外国人で、タイで働くことを考えている場合は、外国人雇用法の対象となります。当該法律の例外に当てはまらない限り、雇用省や労働省から発行される労働許可証が必要です。

タイの法律上の「労働」という用語は、給料やその他の保証の有無に関わらず、身体的・精神的な活動の両方をカバーしており、とても広く定義されています。ボランティアやチャリティですら、タイでは労働許可が必要なのです。

法律によると、タイ国内で外国人が働くことは可能ですが、国家安全や国の発展に関する分野での仕事に外国人労働者を雇用することに対しては難色を示されています。その面ではタイ国民が優先されているのです。

外国人雇用法の元、以下の職業は外国人労働者を雇用せず、タイ国民のみに与えられています
・以下のカテゴリーの、漁船での労働以外の職
・専門知識を要する職種を除く農産、畜産業、林業または漁業、農業監督、漁船を使った遠洋漁業
・煉瓦造り、大工、その他の工事に関わる職
・木彫り
・自動車の運転、機会または機械装置を備えていない車の運転(パイロット国際航空機を除く)
・店頭販売
・オークション販売
・監督、会計監査、随時の内部監査を除く会計サービスの提供
・石、鉱物のカッティングや研磨
・ヘアカット、ヘアドレッシングその他の美容関係職
・服の手織り
・リード、ラタン、ジュート、干し草または竹での道具やマット作り
・ライスペーパーの手作り
・漆の作品作り
・タイの音楽楽器作り
・ニエロ製品作り
・金細工、銀細工、金、銅、合金の細工
・石細工
・タイの人形作り
・マットレスやキルト作り
・礼拝堂造り
・シルク製品の手作り
・仏像造り
・ナイフ作り
・紙もしくは布の傘作り
・靴職人
・帽子職人
・国際取引を除く証券会社もしくは代理店
・特殊技術を必要とする仕事を除く、設計と計算、システム化、分析、プランニング、テスト、建設管理、コンサルティングサービス
・デザインに関する専門的な建築業務、製図、原価見積、コンサルティングサービス
・ドレス作り
・詩家
・手巻きタバコ
・ツアーガイドまたはコンダクター
・鷹狩り
・タイ語の植字
・手作業によるシルクの巻き戻しと捻転
・事務、秘書業務
・法的業務の提供または法的業務への従事(タイの法律の元ではない仲裁業務及び仲裁裁判での弁護 を除く)

タイで働く、または訪れたい場合に提出しなければいけないものはありますか?
タイの入国管理局を参考に、主な提出物をご紹介します。

・タイに到着する前に、ロイヤルタイ大使館またはロイヤルタイ領事館から相応のビザを取得しなければいけません。
・下記の出身の外国人は、タイの指定されたエントリーポイントでの入国ビザの取得が許可されており、入国ビザで15日間の滞在が可能です。
・ブータン、中国(台湾を含む)、キプロス、チェコ、エストニア、ハンガリー、インド、カザフスタン、ラトビア、リヒテンシュタイン、モルディブ、モーリシャス、オマーン、ポーランド、ロシア、サウジアラビア、スロバキア、ウクライナ

・一方、以下の出身の外国人はビザを取得することなく入国ができ、30日間であればエントリービザがなくても滞在可能です。しかし、入国審査時にパスポートにエントリースタンプが必要です。
・オーストラリア、オーストリア、バーレーン、ベルギー、ブラジル、ブルネイ、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、香港、アイスランド、インドネシア、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、韓国、クェート、
ルクセンブルク、ラオス、マカオ、マレーシア、モナコ、モンゴル、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、オマーン、ペルー、フィリピン、ポルトガル、カタール、ロシア、シンガポール、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ、ベトナム

・30日以上滞在する場合は、ロイヤルタイ大使館または領事館から発行される相応のビザが必要となります。例外として、アルゼンチン、ブラジル、チリ、韓国、ペルーの国籍を持っており、入国審査時に入国検定を受けた場合は、90日間まで滞在することが許可されています。

リストに載っている国は、入国管理局の状況に応じた判断により定期的に削除される場合もあるため、旅行の前に大使館または領事館に確認することをお勧めします。また、タイと国契約を結んでいない国からの外国人は、必ずビザの取得が必要です。

いくつかの移民法が改正されたことにより、タイは日本の退職者にとっての主要なスポットになりつつあります。これはタイへの移住者に対する法による障害が取り除かれたためです。50歳以上でタイへの移住を考える外国人も、自由にそれができるようになりました。結果として、タイの退職者に対するサービス業界は発展のために成長を続けています。タイの高齢者向けの病院やヘルスケア、そしてリゾート施設などは日本人投資家のターゲットとなっています。日本の景気後退によって、投資家たちはタイの中小規模のホテルに目を向けるようになりました。

タイで外国人がやるべき仕事

私には、「タイに滞在している外国人向け」の仕事に関して質問メールが1週間に必ず1通は届きます。

そこで今回は、タイでの外国人の仕事の機会についてご紹介しようと思います。

ここ数年で、20〜30歳のタイへの移住者の数が大幅に増えました。単に退職後を過ごすための場所、というタイのステレオタイプは、とりあえず新しい場所で住んでみたいと考える若者によって薄れています;隣の芝生は青く見えるということです。

恵まれた環境に産まれた人(働く必要がない人)からスーツをeBayで販売している人、教師、講師、インターネットマーケター、レストラン経営者、コンドミニアムフリッパー、NGO職員まで、7年間の間にたくさんの人々に会いました。

私の言いたいことは、本当にタイで働きたいのなら、それは可能だということです。

1.タイでの教師の仕事
はっきりとお伝えします。タイには常に教師として働く機会があります。大金は得られませんが、生活できる程度を稼ぐのなら問題ありません。

州で働く場合は月に約3万〜3万5000バーツ、民間の学校で働く場合では経験に応じて4万5000~8万バーツの給与が支給されます。

心に留めておくべきことは、プライベートや語学学校で週末のみ教えたりすることでいつでも臨時のお金を稼ぐことができるということです。語学学校に関しては、フルタイムの仕事について連絡してみる価値があります。スタッフの入れ替わりが激しいので、今後の参考のためにCVを残しておくと良いでしょう。

語学学校は、教えることに対して役立つ環境を与えてくれる場合もあります。国営の学校で教える教師のほとんどは、学校のカリキュラムと意思決定に応じた限られたリソースと手法を与えられるので、子供と共に成長してくことは簡単ではないと言います。

教師の仕事を得るには、TEFLの証明書が必要です。資格取得のための最も簡単でコストパフォーマンスの高い方法はこちらのTEFLについての投稿をご参照ください。

2.不動産業
タイではコンドミニアム市場は急速に拡大しており、不動産の新規開業も増加しています。CBREやAbsoluteのような企業は外国人を多く雇用して、開発や売却の手助けをしています。

仕事の内容は、サムイやプーケットでバイクに乗って客を探すものから、ビジネス開発と運営管理職まで様々なものがあります。

3.ダイビングインストラクター
PADIの資格があれば、タオ、ピピ島、クラビなどの人気のダイビングスポットでダイビングインストラクターとして働くのも良いのではないでしょうか。

インストラクターは月3万〜4万バーツを稼ぐことができ、インストラクターになるためのレッスンやトレーニングを受けることも可能です。

4.フリーライター
文章を書くのが得意であれば、Upwork.comのようなサイトでフリーライターとして収入を得ることもできますし、そこで評判を得られると、タイで教師として働くよりも良い待遇で働けるかもしれません。

この仕事では、時給が約10ドル、給与は月1600ドル程度が平均となっています。

頻繁に旅行をしていてお金が必要なら、自分の経験をシェアして収入にするべきです。もちろん、雑誌の記事にする価値のある内容の文章が書けるように技術を磨く必要はありますし、自分の名前を出すためにスペックを示す作業物を提出しなければいけません。

もしも既にこの仕事に慣れているのであれば、旅行ウェブサイトや機内雑誌、タイの新聞の社説欄などをいくつか担当し、キャリアを積むことができます。

5.Fiver.comでギグを売る
とても驚かれるかもしれませんが、Fiverの売り手は一般的なギグで簡単に1日に100ドル以上を稼いでいます。

運営に対して1ドルの手数料を支払う必要がありますが、あなたのギグが30分以下でこなせるもので、100ドル以上得られるアップセルがあるのであれば、短時間でお金を稼ぐことが可能です。

こちらも、いつでもどこでも作業ができる仕事です。

6.多国籍企業で働く
忘れられがちですが、タイにはたくさんの多国籍企業があります。確かな経営経験を持っているなら、CVをまとめていくつかの企業に送ってみましょう。その前に、自国の企業があるかどうか探してみるのも良いかもしれません。

LinkedInにてタイに事務所のある企業を探し、HR部門に応募ができるかどうかコンタクトを取る方法もあります。もしかすると、現在勤務する会社もタイに支店があり、転勤を交渉できるかもしれません。この方法をお考えの方はこちらの投稿をご覧ください

7.大使館や国連で働く
時には、海外の大使館や国連がスタッフを募集することもあります。これらの仕事の応募には特殊な要件が必要で、手順がやや面倒かもしれません。

ウェブサイトを定期的にチェックし、募集の機会を伺う必要があります。この仕事の欠点は、法律では外部にも求人広告を出さなければいけないことになっていながら、キャリアアップのため国内の応募者に仕事が譲られることです。

9.国際開発ワーカーになる
ソーシャル/援助の開発資格がある場合は、NGO、GOやその他の援助プロジェクトなどで募集があるかもしれません。これらの仕事は通常、定期的に資金援助があるので、場合によって1〜2年単位で更新が行われます。

興味のある方はDevexに登録して仕事のお知らせを受け取りましょう。

9.映画やエキストラの仕事
おすすめ度は低いですが、映画のエキストラは外国人講師(州立の学校)と働く場合と同じくらいの金額を稼ぐことができ、カメオ出演やモデルの仕事では、過去に月10万を稼いだ例もあります。

これらの仕事の欠点は、割に合わないこともあるということです。たくさんのオーディションなどに仕事を得るために出向き、そこで長い時間待つこともあります。

エキストラの仕事は日給約1500バーツ、カメオ出演は5〜200バーツ、モデルの仕事は1つの仕事につき5〜15万バーツと幅広くなっています。

エキストラの仕事についてはタイ俳優協会のウェブサイトをご覧ください。

10.バー、レストラン、ホテルのマネジャー
タイでも特にサムイやプーケットなどの島々やバンコクのダウンタウンなどでは、バーもしくはレストランを経営している外国人をよく見かけると思います。通常これらの仕事は移転先の友人や家族に譲渡されますが、もしも経験があるのであれば彼らに直接話をしに行く価値があります。

同様に、ホテル経営の経験があるのであれば、バンコクの高級ホテルに連絡をしてみるのも良いでしょう。大きなホテルチェーンの多くはハイレベルなマネジャーのポジションに外国人を置いています。

11.タイを拠点とした起業家になる
タイは急成長中なので、起業を考えているのであればその機会はたくさんあります。商品の輸出からマーケティングコンサルタントまで、特定の分野での資格ややる気があれば、誰かのために働くのではなく、自分でビジネスを始める他ありません。

タイでビジネスを始めるにあたっての良い点は、事業を立ち上げる際の生活費を抑えられることです。これにより、経済的に圧迫されることもありませんし、事業を落ち着かせる時間を得ることができます。

私の場合は、インターネットマーケティングのためにMeet-Up Groupsに参加しました。このグループでは、一緒にドアを開けるような、同じ志を持った人たちと出会うことができます。趣味の合う友達を見つけることもできるはずです。

12.TTLの求人をチェックする
定期的に様々な仕事の情報が出されます;これに素早く反応して、履歴書を用意しましょう。遠い目で物事を見る必要はありません。TTLではタイ国内の新しい求人情報が毎日更新されています。

タイでの仕事についてのまとめ
ご覧いただいたように、タイにはたくさんの機会があり、「教師の仕事しかない」という共通の認識は今やもう過去の話です。

実際に、教えることやタイの教育システム向上への貢献に情熱を持ってい ない限りは、他の場所で興味のあることを探すことになります。そう出ないと、タイに来る前に人生に対して感じていたような、退屈や9時-5時の仕事のやりがいのなさと同じ生活をタイでも送ることになります。

本当にタイで生活をしたいのであれば、生活をすることもお金を稼ぐことも可能です。

タイでは何千人もの外国人が生活して、職を持っています。彼らのほとんどは多忙につきそれについて書くことができず、インターネットでは彼らが何をしているかなどの体験談が不十分となっています。ですが、彼らは上記の仕事の一つに属しているはずです。

この情報がタイでの職探しに役立つことを願っています。もしも既にタイで働いているのであれば、仕事の詳細とどうやってその仕事に就いたかをコメントしてもらえると、このページを「タイでの仕事」というリソースにして新しいタイ在住外国人の方々に役立てることができます。